EDを治すにはED治療薬が効果的【ED治療薬通販ガイド】

ED治療薬が勃起不全を治す

ED治療薬のバイアグラ

クエン酸シルデナフィル・バイアグラが発売されてから、日本でもEDの診療は大きく変わってきました。まず、EDが社会一般に疾患として認められるようになってきました。

 

同様に泌尿器科医以外の医師もEDの診療ができるようになってきています。

 

それまではED治療はプロステーシスの陰茎手術や血管作動薬の陰茎海綿体注射など、患者や医師がなじむ機会が少ないこの治療法でしか選択の余地がありませんでした。

 

EDはすぐに命にかかわるような病気ではありませんが、患者自身の苦痛は本人にしかわからない大きな問題です。

 

特に糖尿病や高血圧などの生活習慣病とEDの深い関係が明らかにされ、内科主治医にとっての従来のようなEDに無関心ではいられなくなってきています。

 

バイアグラはEDのメカニズムを明らかにしました。これは従来の機能性EDや器質性EDなど性欲低下症例、器質的な神経障害や陰茎海綿体、陰茎動脈の動脈硬化症例ではバイアグラの効果を期待することはできません。
このようなバイアグラ無効の症状に対する治療法は今のところ新しいものはありません。

 

バイアグラを中心としたこれからの治療法を考える上で、今後生活習慣病や透析、前立腺癌、高齢者などに合併するEDについて、内科を中心とした領域でEDの診察が簡単にできるようにすることが計画されています。

 

従来なこのようなED患者は泌尿器科に紹介されることが通例でした。しかし、泌尿器科受診に患者が抵抗を感じることが多く、主治医にEDの相談をすることを患者が望んでいることがわかりました。

 

自分の主治医にみてもらうことができるようになれば、その予防も含めて多くのED患者の治療へのストレスを無くすことができるのです。

 

泌尿器科医以外の医師にもこれからはEDについての知識を持たなければいけない時代が到来することでしょう。

 

EDの治療をしたことのある人にはバイアグラはとても簡単に症状が改善できるので注目されています。

 

しかし、バイアグラを服用し続けていても、その原因を解決しないことには、EDの症状自体がなくなることは少ないのです。そのことを患者は知っておかないといけませんね。

ED治療薬のバイアグラによるED治療について

>ED治療薬のバイアグラによるED治療

バイアグラに関する報道や紹介がいくつも発表されています。バイアグラは日本でも1999年3月から使用することができるようになりました。大変な関心を呼び勃起障害(ED)治療が一気に進ませることに貢献しています。

 

しかし、発売当初のバイアグラへの報道で、使用者が死亡した症例などがあり、バイアグラは大変危険な薬剤であると言った間違った認識が広がってしまいました。

 

その後にバイアグラは正しく使用すれば、極めて安全な薬剤であることが判明し、日本でも多くのED患者がバイアグラによって救われたのです。

 

それだけでなく世界中でEDに関する関心がとても高まり、各国が協力してEDの疫学調査が行われるようになりました。

 

その結果日本にもED予備軍を踏まえると1000万人以上の人がいることもわかり、今やEDはごくありふれた疾患と言えるのです。

 

しかし、これだけ多くのED患者がいるにもかかわらず、医療機関を訪れる人はわずかに5%未満にとどまっており、日本ではまだまだEDの治療を率先して行う土壌が出来上がっていないようです。

 

バイアグラの登場により、これさえあればEDを直すことができると勘違いしている医師もいます。また患者の求めるままに必要な問診などの手続きをせずにバイアグラを処方してしまう医師も現れ、高額でも購入するという患者が多いことがうかがえます。

 

バイアグラを処方する医師は最低限の知識や禁忌事項、副作用、またバイアグラ治療の限界などを知っておく必要があります。特に中高年のED患者に倍グラを処方する機械が増加しており、これらの年代では血管系疾患を持っているED患者が増加し、そのような人々にいきなりバイアグラを投与することはとても危険なことなのです。

 

心疾患の持っている患者に至っては、バイアグラを副費用する際には、バイアグラにつての知識を持っている専門家の管理ものと処方されることが必要です。

 

またEDの治療法についてはバイアグラ両方を含めて急激に進歩しています。これrなお治療に対して患者とパートナーがどれだけバイアグラの効果について満足しているかがわかっています。

 

特に更年期を過ぎ、性欲が低下しているパートナーにとって、男性がバイアグラによってEDが改善し、性交を求めて来られることは迷惑だと感じることもあるようです。

 

この問題を解決するためには、男性にバイアグラを処方すると同時に、女性の方にも何らかの手を打つ必要があると考えます。ED治療にはパートナーも含めて総合的に進めていくことが大切であるのです。

 

あまり知られていないバイアグラの禁忌症例、無効か症例、バイアグラを使用することが望ましくない人、バイアグラの処方を希望しない方へのED治療法、またこれらの治療法の端緒や調書なども知っておく必要があるのです。

 

単にEDに対するバイアグラ両方にとどまらず、現在のED治療法のすべてを理解することで、パートナーも含めたED治療を始めることができるのです。