EDを治すにはED治療薬が効果的【ED治療薬通販ガイド】

加齢によるED

加齢によるED

年齢を重ねるごとに、EDの頻度は増加していきます。さらに成功頻度も徐々に加齢とともに少なくなっていきます。

 

ただし、全く性交渉をしない男性の数は50代までは変化しません。これはもともとから性行為に興味がない人の数ですのでEDとは別の問題です。その割合は全体の5%ほどです。

 

しかし50代からは性交渉をしない男性の数がどんどん増え続けていき70代前半では3割、70代後半では5割以上の男性が全く性交渉をしないと答えています。

 

反対に1週間に3回以上性交渉をする男性の数は20代から30代前半では1割ほどいますが、30代後半になるとその数は3%未満となり、30代後半では1%でその後その数は増えることはありません。

 

陰茎硬度、勃起頻度、勃起維持継続時間においても、自覚的勃起能力の変化においても、同様の傾向を示しています。成功頻度の低下に自覚的勃起機能の変化が関連していることが考えられます。

 

加齢に伴い、勃起機能、性欲、性交の満足度などが低下していき、さらに高血圧、糖尿病、心疾患を患う可能性が増加している。このことから性交渉に興味がなくなり、そのまま勃起に関しても関心が薄れていくことにより、体が自然と勃起障害になっている男性もいるのです。

 

加齢に伴いEDの程度が上昇し、70歳では約3割の男性が高度のEDだと訴えています。

 

ある調査ではEDだと訴えた人は25%ほどでした。また、年代別では40代で12%、50代で30%、60代で45%の男性に加齢に伴うEDの程度の上昇が認められたのです。

 

糖尿病、心疾患、稀有血圧に伴う性機能、成功頻度の低下の要因として、これらの増加が考えられるのです。また加齢による数々の生理機能の低下と心理的欲求が結びつき、よりEDを生じやすい環境が整えられてしまうのです。