EDを治すにはED治療薬が効果的【ED治療薬通販ガイド】

心血管障害によるED

心血管障害によるED

心血管障害はEDの原因としてはとても危険な部類に入ります。
そのままだと、脳血管障害、心筋梗塞、心疾患、高血圧、高脂血症、動脈硬化などの症状が表れるか、もうすでに出ているでしょう。
これらの少女をお持ちの方がEDである頻度はとても高いのです。

 

動脈硬化

 

動脈硬化は血管性EDの最も重要な要因の一つです。動脈コカのメカニズムは、血管内皮障害、平滑筋の増殖などがあります。これらに影響を与える要因としては、サイトカイン、血栓、代謝異常、などがあり、加齢は動脈硬化を進行させる要因だとされています。加齢と内皮性一酸化窒素化合物の変化の関連が注目されています。

 

高血圧

 

高血圧患者においてED症状の頻度が増加することがわかっています。高血圧症ではEDの重症化の割合が高いです。高血圧が治っていない男性の1割はEDであるとされています。
また、降圧剤も性機能低下に関与しているという指摘があります。しかし、高血圧がEDの原因に関連しているメカニズムがまだ解明されていません。高血圧患者の動脈硬化になる頻度が高いこともED症状が表れやすいことと関連しているのではないでしょうか?

 

高脂血症

 

高脂血症とは、動脈硬化からEDの症状に関連しています。高脂血症は海綿体平滑筋の内皮依存性の弛緩を障害することがわかっています。これらのっ変化は高脂血症の改善によって、弛緩性が回復することからもわかります。また、高脂血症の改善は拠血症を減少させることもわかりました。これらの高脂血症による変化は、直接または間接的なEDの原因になっていると考えられています。一般にEDに対する血管症の要因は、全身的な管理が重要だということになります。

 

喫煙

 

日常的な喫煙は確実にEDになるリスクを高めています。そのメカニズムとしては血管内皮障害、末梢神経障害があります。その症状が出ることで陰茎の内因部動脈、陰茎動脈の動脈硬化のリスクが上がります。さらに、海綿体組織が変化することもわかっています。ニコチンレベルの上昇が交感神経の興奮を高めることもあり、勃起機能にとってはよくありません。また、慢性的な喫煙だけでなく、急性的な喫煙によるED症状もあります。ラットによる喫煙直後の勃起機能の実験では確実に機能が低下することがわかっています。これは喫煙の海綿体平滑筋、末梢神経への直接作用と考えられています。