EDを治すにはED治療薬が効果的【ED治療薬通販ガイド】

糖尿病によるED

糖尿病によるED

糖尿病とEDの合併割合は約半数だと言われています。
実際に糖尿病でない人と比べてみると約3倍の確率でEDが発症することがわかっています。
また糖尿病にかかる原因に加齢はとても関係があり、加齢ともにEDの頻度も自然と上がってしまいます。

 

さらに症状が表れた場合には健常者よりもEDの程度が急速に進むこともわかっています。
最終的には勃起不能の状態となります。年齢のほか、網膜症、神経障害、心血管疾患の合併にともないEDを合併してしまう危険性がとても高いです。

 

つまり、これらの症状が出ないようすることが、糖尿病患者がEDにならないためにするための一つの方法なのです。
そのためには各検査値の良好なコントロールが必要であり、かかりつけ医の指示に従って治療をすることが大切です。
糖尿病とEDの原因は数多く推察されています。血管内皮障害により血管障害が起こり、これが神経の虚血性変化を引き起こし神経障害が起こると考えられています。

 

透析や腎不全とED

 

腎不全は透析患者においても高い頻度でEDが合併してしまいます。
慢性腎不全の患者の場合は40%、透析患者で60歳以上なら60%以上の確率で完全にEDの症状が出ています。

 

慢性腎不全においても、神経系、血管系の両方の関連が認められています。

 

動脈硬化と関連した血管性の症状の悪化、低酸素血症による繊維化の更新、一酸化窒素の合成の低下、精神衛生の扶南どの要因が関連して、動脈の血流障害や海綿体平滑筋の弛緩障害に向過ぎ付くものとして結論付けています。

 

また、透析患者のEDの原因としては、神経性の問題が最も大きいとされています。